サプリについて

【増大大辞典】ペニス系サプリにあるある&摂るべき成分を徹底解説!

こんな悩みありますか?

増大サプリの成分が多すぎてよくわからない…

どんな成分を優先的に摂ればいいんだろう…

大事な成分が簡単に摂れる増大サプリはないのかなぁ

増大サプリ選びにあたって配合成分を知ることは重要です。

なぜなら、それぞれに役割があるからです。特に優先的に摂るべき成分は3つあります。

この記事では重要な3成分と、その他にもよく使われている成分を解説。そしてそれらを手軽に摂れるサプリの紹介までしていきます。

この記事を読むとどの増大サプリを選べばいいかがわかります。

ペニ師川ポコ太郎

結論、シトルリン・アルギニン・亜鉛が最優先!

まず増大サプリ別含有成分早見表を見る

ペニスに必須な成分3選

まずは必須な3成分を解説!体のめぐりに関する成分と前立腺や精子形成に重要な成分を紹介します。

  • シトルリン
  • アルギニン
  • 亜鉛

Citrulline-Molecular-formula

シトルリン

シトルリンとはアミノ酸の一種。シトルリンは特にウリ科の植物に含まれていて、スイカやゴーヤ、メロン、きゅうりなどが代表的です。

食品から十分量を摂取することがなかなか難しいですが、シトルリンは絶対に摂って欲しい栄養素です。

男性がシトルリンを摂るべき最大の理由は、体内でNO(一酸化窒素)を産生してくれるからです。そして以下の循環を経てからだの巡りを良くしてくれます。

Citrulline-Nitric-oxide

【シトルリンの働き】

①シトルリンを摂取する
②体内にNO(一酸化窒素)が産生される
③血管を取り巻く筋肉を弛緩される
④血管が広がる
⑤流れ込む血液量が上がる

例えば男性のアソコが大きくなるとき。まず海綿体の血管の筋肉が弛緩して血液の受け入れ準備が整います。その後血液が流れ込み充満することで硬く大きくなります。

血管が柔軟であればこの過程はスムーズにおこなえますよね。

またイタリアの研究ではシトルリンの摂取によって、50%の男性に硬さが増したという結果もあります。

(参考文献)Oral L-citrulline supplementation improves erection hardness in men with mild erectile dysfunction

ペニ師川ポコ太郎

【シトルリン含有量】増大サプリランキング!

Arginine-Molecular-formula

アルギニン

アルギニンはアミノ酸の1種で天然に存在する成分です。アルギニンを含む食材としては肉類、魚介類、大豆などが挙げられます。

アルギニンはNO(一酸化窒素)サイクルというものを通して、シトルリンと同様にNOの産生を手助けしてくれます。

Citrulline-Nitric-oxide-Arginine

【NOサイクル

①シトルリンがアルギニノコハク酸を経てアルギニンに変換される
②アルギニンはシトルリンに再合成される
③同時に一酸化窒素(NO)が産生される

NO(一酸化窒素)は筋肉を緩めて陰茎などの血流を調整してくれると、以下の文献でも読むことができます。

“NOはEDRFとしての役割の他に、神経伝達物質として血流調整に寄与している。 〜略〜 NOを神経伝達物質とするNANC神経による血管の支配は脳動脈、腎動脈、腸間膜動脈、子宮動脈、陰茎動脈などで知られている”

参考文献:「生理活性物質としての一酸化窒素 Niric Oxide の働き」(2001)中島かおり,内田さえ,會川義寛

シトルリンとアルギニンはどっちを優先すべき?

NOの直接的な前駆体はアルギニンですが、優先すべきはシトルリンです。吸収から代謝の過程の違いにより、NO産生量からみるとアルギニンよりもシトルリンを投与する方が有効と考えられると言われているからです。

参考文献:「短腸症候群とシトルリン」(2014)東本 恭幸

ペニ師川ポコ太郎

【アルギニン含有量】増大サプリランキング!

zinc

亜鉛

亜鉛は、体内に約 2,000 mg 存在し、主に骨格筋、骨、皮膚、肝臓、脳、腎臓などに分布する。人が健康を維持するために必要な栄養素です。牡蠣、赤身の肉、鶏肉などに含まれています。

参考文献
「日本人の食事摂取基準」(2020年版)厚生労働省
厚生労働省『「統合医療」に係る 情報発信等推進事業』eJIM

最も注目すべきことは、亜鉛は前立腺分泌液や精子を作る上で重要な働きをするということです。

“前立腺は人体中もっとも亜鉛に富む臓器である。 亜鉛は人をはじめとする哺乳動物の雄性生殖器官において重要な働きをしており、それぞれの器官が機能を果たすうえで不可欠であることが知られている。畢丸を例にとっても、その精上皮の維持と精子形成に亜鉛が不可欠であることは,Millarらのラットを用いた亜鉛欠乏食の実験 でもあきらかにされている。 〜略〜 人では血清に比べて精漿では100倍以上,前立腺分泌液では300倍以上もの高濃度の亜鉛が含有されている。”

参考文献:男子不妊症における精漿中亜鉛濃度および総亜鉛量一とくに前立腺分泌能との関係についてー(1985)眞田 俊吾・吉田 修

ペニ師川ポコ太郎

【亜鉛含有】増大サプリランキング!

※亜鉛酵母の場合は亜鉛10%として換算
※亜鉛の推奨摂取量を元としてランキングしました。(成人男性で10〜12g、上限40〜45g)
亜鉛推奨量の参考はこちら「日本人の食事摂取基準 p.374」(2020年版)厚生労働省

>>亜鉛について詳しく知りたい方はこちら

その他成分

動物系成分

  • すっぽん
  • まむし
  • まむし
  • コブラ
  • サソリ
  • タツノオトシゴ
  • トナカイ角
  • 牡蠣エキス
  • アミノシール

  • Soft-shelled-turtle

    すっぽん

アジア圏に生息しており、柔らかい甲羅を持つカメです。

  • アミノ酸・ミネラル・ビタミンを豊富に含む
  • 血流やコレステロールに関連する不飽和脂肪酸が特徴的
  • コラーゲンなどの美容成分としても知られている

参考文献:不飽和脂肪酸 – e-ヘルスネット

Mamushi

マムシ

日本全国に生息する毒を持つヘビの一種です。

  • 内臓を取り除き、皮を剥いで乾燥させたものをハンピと呼び、漢方として使われている
  • 必須アミノ酸をバランスよく摂れる
  • カルシウムを含有している

cobra

コブラ

毒性の強い、頸部を横に広げることができるヘビです。

  • 頭部を切っても当分動いている、酒につけたが生きて噛まれて死亡したなど、生命力が強いと知られている
  • 亜鉛、必須アミノ酸、ミネラルを含有している

Scorpion

サソリ

毒を有する節足動物。全世界に分布しており、種類は1700を超えます。

  • 漢方で全蠍(ゼンカツ)として使用されている
  • 高タンパク食品
  • 昆虫食のひとつとして注目されている

Seahorse

タツノオトシゴ

熱帯や温帯の浅い海に生息する海水魚です。

  • 一部のタツノオトシゴは内臓を取り除き乾燥させて、海馬という漢方として使用されている
  • マウス実験では雄性マウスの発情期が延長された
  • 去勢したマウスに対して発情期を発現させる効果がみられた

参考文献:「タツノオトシゴ Hippocampus kellogi エタノール抽出物のラット好塩基球細胞株 RBL-2H3 細胞における脱顆粒抑制効果」(2013)伊藤智広、阪田雄大、吉田ゆに華、岩山昌弘、村瀬博宣、安藤正史、塚正泰之

reindeer

トナカイ角

その名の通りトナカイの角です。

  • 中国で自然由来の産物からなる「中薬」として,体質の改善や体調の維持のために服用されてきた
  • 性力や腎機能の助けになるとされている
  • 鹿の角「鹿茸(ろくじょう)」と同様に扱われることがある

参考文献:「第2章 ポスト「北方の三位一体」時代の中国エヴェンキ族の生業適応 ―大興安嶺におけるトナカイ飼養の事例― 」(2015)卯田 宗平

Oyster

牡蠣エキス

栄養価の高さから海のミルクと呼ばれる牡蠣から抽出したエキスです。

  • グリコーゲンが含まれていて、筋収縮や運動のエネルギー供給に役立っている
  • 亜鉛を豊富に含んでいる
  • ミネラルを摂れる

参考文献:筋グリコーゲン – e-ヘルスネット

fur-seal

アミノシール

オットセイの骨格筋抽出物です。

  • カロペプチド・カロペプタイドとも言われる
  • アミノ酸とペプチド(アミノ酸がつながったもの)の混合物
  • 有用な文献なし

植物系成分

  • マカ
  • クラチャイダム
  • トンカットアリ
  • プリマビエ
  • バイオペリン
  • スピルリナ
  • 高麗人参
  • ニンニク
  • ヒハツ
  • ガラナ

maca

マカ

南米ペルーに植生するアブラナ科の多年生植物です。

  • 伝統的に滋養、活力、栄養補給などの補助栄養剤として用いられてきた
  • ペルーでは性機能の低下に使われている
  • 必須アミノ酸、ミネラル、脂肪酸

参考文献:「マカ(Lepidium meyenii WALP)の成分分析法について」(2013)治京 玉記

>>マカについて詳しく知りたい方はこちら

Kaempferia-parviflora

クラチャイダム

主にタイに自生するショウガ科の多年草です。

  • 滋養強壮・体力回復を目的に使用されている
  • 15種のフラボノイドを含み、生理活性作用が報告されている
  • 独特の苦味と香りが特徴的

参考文献:「Kaempferia parvifloraの代謝性疾患に対する予防効果および作用機序解明」(2014)堀川 琢心

>>クラチャイダムについて詳しく知りたい方はこちら

Cistanche-tubulosa

トンカットアリ

マレーシアなどの熱帯雨林に自生する植物です。

  • ラットの実験において性欲を向上させた
  • 検証において性的パフォーマンスにおける満足度が改善したと実感した
  • ペニスの硬度上昇したという実験結果あり

参考文献:「Eurycoma longifolia (トンカットアリ) ― テストステロン療法に代わる天然のアプローチ」(2015)光洋商会

>>トンカットアリについて詳しく知りたい方はこちら

Shilajit

プリマビエ

株式会社ティーエストレーディングの商品であり、ヒマラヤ山脈で採取される堆積物シラジットを精製したものです。

  • 一酸化窒素濃度を上げる
  • 精子形成活性化において有効な臨床結果あり
  • ミネラルを豊富に含む(DBP、DCP、フルボ酸など)

参考:https://www.tsti.co.jp/sp/food/pdf/pdf_3.pdf

black-pepper

バイオペリン

サビンサジャパンコーポレーションの商品であり、有効成分ピペリン95%で規格した健康食品原料です。

  • ピペリンとはコショウの果実に含有されている辛味成分
  • ラット実験でピペリンが甲状腺生成活性に有効と判明
  • 血中濃度を高める作用があるため、栄養の吸収促進の可能性がある

参考文献:「Piperine, an active principle from Piper nigrum, modulates hormonal and apo lipoprotein profiles in hyperlipidemic rats」(2006)Ramasamy Subramanian Vijayakumar , Namasivayamin Nalini
「Piperine derived from black pepper increases the plasma levels of coenzyme Q10 following oral supplementation」(2000)V Badmaev , M Majeed, L Prakash

Spirulina

スピルリナ

淡水域に生息する藻類の一種です。

  • 安全性が認められるとともに健康食品の素材として使用されてきた
  • 動脈硬化と関係が深い
  • タンパク質が多く含量は60%以上

参考文献:「サプリメントにおけるスピルリナの機能研究」(2007)林 修

Ginseng

高麗人参

オタネニンジン・朝鮮人参とも呼ばれるウコギ科トチバニンジン属の多年草です。

  • 滋養強化の漢方として知られ、強弱体質の人によく用いられる
  • 抗疲労作用があるため化粧品や健康食品に広く使用されている
  • 消化器系の吸収、排泄、代謝に関連するサポニンを含有する

[参考文献]
「中国吉林省における朝鮮人参の栽培体系に関する調査研究」(2019)Yingying Wang
「薬用人参 (Panaxginseng)栽培の省力化の検討」(2008)戸澤一宏、須藤はじめ、神田 一也

garlic

ニンニク

ヒガンバナ科ネギ属の多年草です。

  • アリシンを多く含み、抗菌作用がある
  • ビタミンB6を多く含み、アミノ酸の代謝を手助けしている
  • 無臭ニンニクには臭い成分であるアリシンの含有量が少ない

参考文献:「ニンニク成分の知られざるはたらき」(2011)荻田 亮

guarana

ガラナ

アマゾン川流域を原産地とする、ムクロジ科ガラナ属のツル植物です。

  • カフェインやタンニンを多く含み、滋養の強化や疲労回復に用いられる
  • 抗菌性と抗酸化性を示唆する研究結果が出ている
  • マウス研究で毒性がないことが示された

参考文献:「Antioxidant and antimicrobial activity of guarana seed extracts」(2007)Lucija Majhenič、Mojca Škerget、Željko Knez
「Guarana (Paullinia cupana): toxic behavioral effects in laboratory animals and antioxidant activity in vitro」(1998)R Matteia、R.F.Dias b、E.B Espı́nola b、E.A Carlini a、S.B.M Barros c

Piper-longum

ヒハツ

コショウ科コショウ属に属するつる性木本の1種です。

  • 成分にピぺリンを含む
  • さまざまな薬理活性が報告されている
  • 使用には安全であるが、妊娠中および授乳中の女性の使用は避けるべき

参考文献:「Overview for Various Aspects of the Health Benefits of Piper Longum Linn. Fruit」(2011)Suresh Kumar、Jitpal Kamboj、Suman、Sunil Sharma

栄養素系

  • アミノ酸
  • ビタミン
  • ミネラル
  • オルニチン
  • プロポリス

amino-acid

アミノ酸

天然には500種以上が存在、ヒトを構成するものは22種、その中で体内合成できないものは9種。この9種を必須アミノ酸と呼び、食事やサプリメントから摂取しなければなりません。

【必須アミノ酸】イソロイシン、ロイシン、リシン、メチオニン、フェニルアラニン、トレオニン、トリプトファン、バリン、ヒスチジン

  • タンパク質を構成する
  • 神経伝達物質やビタミンなどの重要な生理活性物質の前駆体である
  • 欠乏するとアシオコア(栄養失調状態)になる

参考文献:たんぱく質 – 厚生労働省

vitamin

ビタミン

ビタミンは有機化合物でありヒトのさまざまな機能を正常に保ちます。体内でほとんど作ることができないので食事やサプリメントから摂取しなければなりません。

  • ビタミンが足りないと病気までいかなくても日常生活に不調を感じる「潜在性ビタミン欠乏症」になる。
  • 食物で摂取する場合、調理でビタミンが減ってしまうことが多いのでサプリメントでの摂取がおすすめ。
  • 「マルチビタミン=2種類以上のビタミン」ビタミンすべてでないことに注意して、原材料をチェックする。

参考文献:ビタミンについて – 「健康食品」の安全性・有効性情報(国立健康・栄養研究所)
ビタミン欠乏症 – e-ヘルスネット(厚生労働省)
ビタミン – e-ヘルスネット(厚生労働省)

mineral

ミネラル

生体を構成するもので無機質ともいいます。体内で合成できないので食事やサプリメントから摂取しなければなりません。主なミネラルは以下の通り

【多量ミネラル】ナトリウム、カリウム、カルシウム、マグネシウム、リン
【微量ミネラル】鉄、亜鉛、銅、マンガン、ヨウ素、セレン、クロム、モリブデン

参考文献:ミネラル – e-ヘルスネット(厚生労働省)

Ornithine

オルニチン

アミノ酸の一種でアルギニンの分解によって生成されます。オルニチンを摂るためにシジミエキスが利用されることもあります。

  • シジミやブナシメジに含まれている
  • 肝臓の働きの手助けをしてくれる
  • 身体的疲労を回復する

参考文献:「L-ornithine supplementation attenuates physical fatigue in healthy volunteers by modulating lipid and amino acid metabolism」(2008)Tomohiro Sugino、Tomoko Shirai、Yoshitaka Kajimoto、Osami Kajimoto

Propolis

プロポリス

ミツバチが木の芽や樹液などから集めた樹脂製混合物。蜂の巣を形成する重要な成分です。

  • ポリフェノール類に属するフラボノイドを多く含む
  • フラボノイドには抗酸化作用、抗真菌作用があると報告がある
  • フラボノイドはサプリ、化粧品、医薬品に広く使用されている

参考文献:「The Pharmacological Activity, Biochemical Properties, and Pharmacokinetics of the Major Natural Polyphenolic Flavonoid: Quercetin」(2020)Gaber El-Saber Batiha、Amany Magdy Beshbishy、Muhammad Ikram、Zohair S. Mulla、Mohamed E. Abd El-Hack、Ayman E. Taha、Abdelazeem M. Algammal、Yaser Hosny Ali Elewa

増大サプリ成分早見表&総合評価

最後に本記事で取り上げた成分の有無を、原材料名と公式HPを参考にまとめました。

しかし成分の有無のみだけでサプリメントの優劣は判断できません。

総合的に増大サプリを総合的に比較検討したい方はこちらの記事を参考にしてください。

【増大|最新11選】本物のメンズサプリおすすめランキング&早見表!

公式ページ
ガガドラス

ヴォルスター
ブラビオンS
ペニブースト

ヴィトックスα

タギラス

インヴィクター

バイタルアンサー

マカエンペラー

ゼファルリンX

バリテイン221
シトルリン
アルギニン
亜鉛
すっぽん
マムシ
コブラ
サソリ
タツノオトシゴ
トナカイ角・鹿角
牡蠣エキス
アミノシール
マカ
クラチャイダム
トンカットアリ
プリマビエ
バイオペリン
スピルリナ
高麗人参
ニンニク
ヒハツ
ガラナ
アミノ酸
ビタミン
ミネラル
オルニチン/シジミエキス
プロポリス
商品詳細詳細を見る
ガガドラス
詳細を見る
ヴォルスター
詳細を見る
ブラビオンS
詳細を見る
ペニブースト
詳細を見る
ヴィトックスα
詳細を見る
タギラス
詳細を見る

インヴィクター
詳細を見る
バイタルアンサー
詳細を見る
マカエンペラー
詳細を見る
ゼファルリンX
詳細を見る
バリテイン221